【お得オファー厳選】今月のおすすめクレカ

【2024年2月】アメリカで今作るべき!おすすめクレジットカード

おすすめクレカ 2024年2月版

記事内に広告を含みます

  • アメリカ駐在者が今作るべき、おすすめクレカの最新版
  • 主に入会ボーナスUP中の中から厳選ピックアップ!
  • 発行元別&年会費が安い順だから知りたい情報がすぐ分かる!

アメリカ現役駐在員のじーこ(@5_to_fireです!

この記事では、アメリカのおすすめクレカを知りたい方向けに発行元別&年会費順でまとめています。

今月のイチオシ

いずれも期間限定で入会ボーナスがアップしていますので狙っている方はこの機会に是非!

ポイントやマイルは使い方は人それぞれ。

【最初の1枚が知りたい!】という方はこちらの記事でご紹介しています!

旅行や一時帰国したいけど費用が高すぎて悩んでいる人にこそ、アメリカクレカのパワーを知ってほしいなと思います。

【Amex】ならこれ!おすすめクレジットカード

  • Amexポイントはマイルやホテルに変換できる優れもの。
  • プライベートモードで検索⇒入会ボーナスUPのケースあり
  • 審査は易しめ。ビジネスカードも駐在1年目で作成可能。

Amex Blue Business Plus ★ビジネス

年会費なし
ポイントMR ポイント
入会ボーナス15,000 MRポイント
条件3カ月で$3,000
ひとこと年会費無料で2倍

Blue Business Plusはコツコツと普段使いするだけでマイルやホテルポイントが2倍の速度で貯まっていくカードです。

猛者揃いのアメリカクレジット業界でも「年会費無料の最強カード」と呼び声高い1枚です。

ポイントはANAに移行して帰国時に使うもよし、贅沢に高級ホテルに泊まるもよし。どんな人にもオススメできる1枚です。

ビジネスカードなのでChaseの5/24ルールの対象外なのもGoodです。

アメリカ国外での使用には手数料がかかるので要注意です。

特にAmexなら、普通の会社員でもビジネスカードは作れます。しかも超簡単に。

こちらの記事≪駐在員がビジネスカードを作る方法【簡単2ステップ】≫にて作り方や注意点をご紹介していますのでよかったらご覧ください。

Hilton Business ★ビジネス

年会費$95
ポイントHilton ポイント
入会ボーナス130,000 ポイント
条件3カ月で$3,000
ひとこと破格の入会ボーナス

Chaseの5/24ルールの対象外が魅力のビジネスカード、Hilton Honors Amex Business

入会特典は13万ポイントです。

年会費を抑えつつ、ポイントをたくさん獲得したいなら選択肢に入ってくるクレカになります!

1月~12月の間に$15,000使えば、無料宿泊券が1枚もらえます。

5/24ルールも気にしながら、ポイントはがっつり稼ぎたいなら今チャンスです!

ゴールドステータスがもらえるのでHilton系列をよく使うという人にはオススメできるカードです!

2022年12月には、無料宿泊券を使ってユタ州パークシティのWaldorf Astoriaに宿泊してきました!

ポイント活用で2泊分の$1720が無料になりました!!

ホテル系クレカは、ポイントが使いやすく旅を簡単にアップグレードさせることができるのでオススメです。

年会費を少しでも抑えたい方には、パーソナルカードの「Hilton Honors」(通称、無印)もオススメです!

入会ボーナスは8万ポイントです。8万ポイントあれば1~2泊、無料で泊まれちゃいます。

それが年会費無料なんですから、作ってない人はもったいないの一言です。

Amex Green

年会費$150
ポイントAmex ポイント
入会ボーナス40,000ポイント
条件6カ月で$3,000
ひとこと帰国後に本領発揮!?

続いては、Amexが発行するGreenのパーソナルです。

年会費$150のクレカですが、6カ月以内に$3,000使用で入会ボーナスがもらえます。期間が3カ月ではなく倍なのが嬉しいポイント。

「2枚同時申請したいけど、ミニマムスぺンド達成できるかちょっと不安」という方にももってこいの1枚です。

トラベル、トランジット(地下鉄など)、レストランでポイント3倍です。

日本で交通系ICカード「Suica」にチャージする際にこのAmex Greenを使えば、どんな買い物も「トラベル」扱いになって3倍になるルートがあります。

電車利用はもちろん、コンビニでの買い物などSuicaが使えるなら何でも3倍は正直アツすぎです。

ただし、この3倍還元ルートもいつまで使えるか分からないので最新情報を要チェックです。

≪イチオシ≫Amex Gold Personal

年会費$250
ポイントMR ポイント
入会ボーナス75,000 MRポイント
+
最大$250キャッシュバック
条件6カ月で$4,000
ひとこと普段使いも旅行も万能

AmexのポイントはANAマイルに変換可能です。

75,000マイルあれば、アメリカ東海岸ー日本も往復できちゃいます!

ベネフィットとしてUberクレジット120ドル分もあるので、間違いなく年会費を超える価値があります。

レストランとスーパーで4倍!普段使いにはもってこいのスペックも魅力です。

日常生活でがんがんポイントを貯められるだけに、駐在者にもとても人気な1枚です。まだ持っていない方はこの機会に検討されてみてはいかがでしょうか?

Resy経由で申し込むと最大$250キャッシュバックが得られるオファーがでてきますので是非上記リンクから申し込んでみてください。(紹介リンクではございません)

【Chase】ならこれ!おすすめクレジットカード

  • 親カード(Sappihire)があると威力最大化。
  • 「Hyatt」へのポイント移行が魅力
  • ただし、審査はAmexに比べて厳しめ
  • Chase銀行の口座開設が近道⁉

Freedom Flex/Unlimited

年会費なし
ポイントUR ポイント
入会ボーナス20,000 ポイント
条件3カ月で$500
ひとことガス・スーパーで5倍

Chaseでオススメの1枚目はFreedom FlexUnlimitedです。

Freedomシリーズはエントリー向けで入会ボーナスもミニマムスペンドも控えめですが、今ならガソリンスタンドとスーパーでの利用で5倍還元です。

入会ボーナスと合わせると最大$800キャッシュバックです。

このカード単体だと入会ボーナスはキャッシュバックですが、親カードのSapphireシリーズと併せ持つとポイントでの還元となり、メリットを最大化できます。

年会費無料ですが、多くのポイントを稼ぐことができます。

Freedom Flex3カ月ごとに5倍還元のカテゴリーが変わる
Freedom Unlimitedカテゴリーや金額の上限なく1.5倍還元

何に使っても1.5倍速でポイントが貯まるUnlimitedか、高還元カテゴリーが3カ月ごとに変わるFlexか。

それぞれのライフスタイルに合わせて検討されてみると面白いと思います!

ちなみに2022年のFlexの5倍還元カテゴリーはこんな感じでした。

1~3月グローサリー(Target/Walmart以外)・eBay
4~6月Amazon/ストリーミングサービス
7~9日ガソリン/レンタカー/映画館など
10~12月Walmart/PayPal

次の3カ月は何が対象になるかは直前にならないと分からない仕組みですが、総じて使いやすいカテゴリーかと思います。

Chaseポイントを効率よく貯めたい人やChaseとの関係構築を目指したい人なら持っておいて損はない1枚だと思います!

≪イチオシ≫ Ink Business ★ビジネス

年会費①Unlimited/Cash:なし
②Preferred: $95
ポイントUR ポイント
入会ボーナス①: 75,000 P
②:100,000 P
条件①3カ月で$6,000
②3ヶ月で$8,000
ひとこと使いやすいポイント

Chaseのビジネスカードはとても魅力的です。

Ink BusinessシリーズでオススメはUnlimitedCash、そしてPreferredの3種類です。主な特徴は下記のとおり。

Ink Unlimited1.5%の還元率
Ink Cash携帯などで5%
ガソリンなどで2%の高還元
Ink Preferred携帯・旅行などで3%
ポイント移行できる親カード

特にUnlimitedとCashは年会費無料にもかかわらず、入会ボーナス75,000ポイントです。

年会費無料で7,5万ポイントってシンプルにすごいです。年会費無料カードの中では最高レベルの入会ボーナスです。

Inkシリーズは、アプルーブされれば何度もボーナスがもらえちゃうの魅力です。実際に僕もすでに2周目に入っています。

ポイントを貯めてHyattホテルで無料ステイを楽しみたいという方は作らないといけない!と言っても過言ではないカードです。

Chaseのビジネスカードは作成のハードルが高いのでは?と考える方もいらっしゃるかと思いますが、ビジネスカードの中では比較的作りやすいと思います。

ビジネスカードですが、申請時にChaseの5/24ルールに引っかかっていると作れないので注意が必要です。

Sapphire Preferred

年会費$95
ポイントUR ポイント
入会ボーナス60,000ポイント
条件3カ月で$4,000
ひとこと年会費の割に特典豊富

続いては、駐在員の人気も高いSapphire Preferredです。

こちらのカードはレストランで3倍、専用ポータルからフライトやホテル予約で5倍とポイントがじゃんじゃん貯まるカードです。

入会ボーナス6万ポイントは、Chase専用ポータルで使用すれば$750分として使えます。

しかも年会費はたったの$95です。Amex Goldならレストラン4倍ですが、年会費は$250かかります。

そういう意味では非常にコスパの高いクレジットカードの1枚です。

また、アメックスではできないHyattにポイント移行ができるのが魅力です。

Hyattは1泊に必要なポイント数が少ないので、6万ポイントでも2~3泊無料で宿泊も可能です!

審査がAmexに比べて厳しいのが玉に瑕ですが、普段使いにはオススメできる1枚です。

United Explorer

年会費初年度無料
2年目以降 $95
ポイントUnited マイル
入会ボーナス60,000マイル
条件3カ月で$3,000
ひとこと初年度無料はアツい!

次にChaseからご紹介するのは、ユナイテッド航空のマイルが貯まるUnited Explorerです。

Unitedマイルはアメリカ国内などで使うと必要マイル数が多く、あまりオススメできないのですが…

日本国内線ならまだまだ使いやすいマイルの1つと言えます。

ANAと同じスターアライアンスなので、様々な旅行先に使えるというメリットも!

Unitedマイルのもう1つの強みは有効期限がないことです!

  • 貯めたはいいものの、使い忘れて失効してしまった…
  • 有効期限が近いから行きたいわけでもない旅行先を無理に予約…

Unitedマイルなら、こんな経験しなくて済みます!

Unitedのハブ空港が最寄りにある駐在員であれば、なおのこと。是非この機会にご検討を!

Marriott Bonvoy Boundless

年会費$95
ポイントMarriottポイント
入会ボーナス無料宿泊券 5泊分
※1泊50,000Pまで
条件3カ月で$3,000
ひとこと25万ポイント分の価値

Chaseから最後にご紹介するのは、Marrriottホテルの無料宿泊に使えるMarriott Bonvoy Boundlessです。

Marriottといえば、アメリカ国内はもちろん世界の観光地には大抵あるホテルブランドです。

行きたい場所には大抵ポイントが使えるホテルがあるのは頼もしい限り。

Boundlessを公式HP経由で今作ると、1泊50,000ポイントまでのホテルで使える無料宿泊券が5泊分もらえます。

最大限活かせば、25万ポイント相当です!長期休みの旅費節約にもなりますよ〜!

我が家はペルー・クスコにてMarriott系列のホテルに宿泊しました。

こちらは1泊50,000ポイント以下だったので、こんな素敵なホテルが無料で5泊できるってことです。

ポイントの中でも使いやすいので、旅行好きはもちろんこれからアメリカクレカを勉強していきたい人にもおすすめの1枚です。

≪イチオシ≫United Business ★ビジネス

年会費$99
ポイントUnited マイル
入会ボーナス100,000マイル
条件3カ月で$5,000
ひとこと期間限定オファー

Chaseから最後にご紹介するのはUnitedのビジネスカードです。

年会費は初年度からかかりますが、入会ボーナスは10万ポイントです。普段なら5万ポイントですので倍もらえます!

Unitedマイルは必要マイル数が多い傾向がありますが、ANAマイルと違って有効期限がないため貯めておいて損しないマイルのひとつです。

日本帰国した際にANA便で使えるので日本国内旅行では大活躍することでしょう。

この年会費で一気に10万マイル貯められる機会はそうそうないので、気になる方はこの機会に!!

【Capital One】ならこれ!おすすめクレジットカード

  • Capital Oneは空港の独自ラウンジなどを増設中。
  • 今後さらなる使い勝手向上が期待!

Capital One Venture X

年会費$395
ポイントCapital One ポイント
入会ボーナス750,000 ポイント
条件3カ月で$4,000
ひとこと今後のメリット拡大期待

Capital Oneからはパーソナル1枚Capital One Venture Xをご紹介です。

2021年11月に登場した新たなカードで年会費は高めですが、その価値は十分あるカードと言えます。

登場するや否や、「Game Changer」=流れを変えるモノと話題になりました。

このカード、特に旅行系に強いのですが個人的には【その他のカテゴリーはポイント2倍】というのがこのカードの最大の強みだと思っています。

Capital Oneポイントは様々なエアラインのマイルに移行可能なので、2倍以上のスピードでマイルを貯められることになります。

さらにはアメリカ国内の空港にCapital One独自のラウンジ建設を進めていて、今後さらに魅力が増していくカードになるだろうと思っています。

【Citi】ならこれ!おすすめクレジットカード

  • JALやアメリカン航空ユーザーは狙い目!

Citi Business AAdvantage Platinum ★ビジネス

年会費初年度無料
2年目以降 $99
ポイントAAdvantage マイル
入会ボーナス65,000マイル
条件4カ月で$4,000
ひとことJAL特定航空券にも!

Citiからおすすめはアメリカン航空のマイルがGETできるççです。

アメリカン航空はブリティッシュ航空と同じく、One Worldに加盟しています。

つまり、JALの特定航空券にも使えるマイルということです。

アメリカン航空は、ボストンやニューヨーク、シカゴ、サンフランシコなど全米の幅広い空港に多く乗り入れています。JALで使わずとも、国内旅行の時にも活躍してくれるマイルだと思います。

【目的別】今月のオススメは?

今月ご紹介したクレジットカードの中で、【目的別】に独断と偏見で選んでみました。

日常生活でポイント&マイルを貯めたいならこれ!

Amex Blue Business Plusがおすすめです!

年会費無料にもかかわらず、どんな買い物でも2%の還元率

このカードを作るだけで、ANAマイルに交換できるAmexのポイントが2倍の速度で貯まっていきます。魅力しかないクレカです。

入会ボーナス自体は15,000ポイントなので破壊力はありませんが、長く付き合えるクレカであることには間違いありません。

ビジネスカードなので、5/24ルールの対象にもなりません。検討されている方はこの機会にぜひ!

Chaseのポイントを貯めたい派にはInk Business シリーズがオススメ!

Ink Business CashかUnlimitedなら、年会費ゼロです。

何でも還元率1.5%のUnlimitedを選ぶか、特定カテゴリーで5%になるCashを選ぶかは、皆さんの生活スタイルに合わせて検討してみるといいと思います。ちなみに我が家は両方とも持っています。

ChaseのポイントはHyattポイントにトランスファーできちゃいます!

我が家は貯めたポイントでメキシコ・カンクンにあるHyatt系オールインクルーシブに無料宿泊してきました。

その時の様子も記事にしていますので、クレカの威力をもっと知りたいという方はコチラをぜひご覧ください!

航空機を安くしたい!マイル狙いならこれ!

マイル獲得を目指すなら…United航空のビジネスカードの期間限定オファーはアツいです。ANAと同じスターアライアンスなので、使い勝手は悪くありません。

何よりも魅力はUnitedマイルは有効期限がないこと!

ANAなどに比べて必要マイル数が多い傾向にあるのは残念なポイントではあるものの、マイルが失効しないというのは正直とても大きなメリットです。

ANA派だけどいつも余ったマイルをどうしようか頭を悩ませている方は、Unitedマイルを貯めるという選択肢も考えてみると旅の行先が広がると思います!

宿泊代を安くしたい!ポイント狙いならこれ!

Amex発行のHilton Honorsをオススメします。

年会費がかからないのに10万ポイントという大盤振る舞いです!

Hiltonは世界中に展開しているので、ホテルの選択肢が多いのが魅力です。

特にポイント活動を始めたての人にはマイルよりもホテルポイントの方が活用しやすく威力を実感しやすいのでオススメです!

一部のクレジットカードについてはブログ読者様やTwitterのフォロワー様のリファーラルリンクを掲載しています。

ご協力ありがとうございます!

ブログに掲載するご紹介リンクを募集しています。

もしご興味がある方はコメントにてお知らせください!

来年も毎月、最新版を更新していく予定です!以下の関連記事も参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA