【期間限定オファー厳選】今月のおすすめクレカ

シャドーイングの効果を高める5ステップ!挫折する人は「準備」が足りない!?

リスニングにシャドーイングがいいって聞くけど、効果がなかった!

シャドーイング、大切なのはわかるけど続かない…   

実は、シャドーイングは「準備」が最も大切です。

「準備」をしっかりしていない人は

どこかでつまずき、途中でやめてしまう可能性が高まります。

アメリカ駐在のじーこ
アメリカ駐在のじーこ

じーこは中高の英語教員免許所持!

アメリカで仕事するために猛勉強して本当に効果があった方法をご紹介!

シャドーイングは「準備」をしっかりすれば効果がめちゃくちゃ高い学習方法です!

一度チャレンジしたけど失敗した! という人も試してみてください!

シャドーイングの効果を高める5ステップ!もう挫折しない!

まずは、5ステップの全体像です。

【準備】題材選び

シャドーイング初心者の大多数がここで失敗しています。

【準備】スクリプトを見ずに3回聞いて内容を大まかに掴む(努力をする)

ここではとにかく「意味」だけに集中

【準備】スクリプトを見て内容を大まかに理解

ここでもとにかく「意味」だけに集中

【準備】スクリプトを見ながら音を聞いて「音の変化」をチェック

「音」に集中

【実践】音の変化に全集中して反復練習

実践は4つの準備のうえやらないとほとんど効果なし!

5ステップのうち、実に4つが【準備】なんです。

1つずつ、細かくみていきましょ。

失敗しないシャドーイング Step①「題材選び」

まず最初のステップは「題材選び」です。

正直、多くの人が題材選びでミスってます。

だから続かない。効果がない。

シャドーイングの題材選びの最大にして

唯一の条件は「自分のレベルに合ったもの」を選ぶことです。

聞いてみて「なんとなく分かる気がするな~…」くらいのレベル感のものを探しましょう。

「サッパリ分からない」あるいは「ほぼ理解できた」は

題材としてはあなたのレベルに合っていません。

そんなもん分かっとるわい!それが何か分からへんねん!

という声が聞こえてきそうなので…

オススメの教材をご紹介します!!

オススメ教材①TOEICのリスニング教材

英語学習初心者、シャドーイング初心者

過去にシャドーイングで挫折した方にオススメです。

TOEICのリスニング教材をオススメする理由
  • スピードが速すぎない
  • 発音がきれい
  • スクリプトつき
  • TOEIC対策にもなる
  • 必須の単語・イディオムも学べる

初心者の方にありがちなのは、

最初にかなりレベルの高いものに挑戦するパターンです。

例えば、英語のニュース教材(CNNとか)ですね。

これ、高確率で挫折します。

TOEIC教材であれば適切な速さなのに加えて

スラングなどが含まれていないので理解しやすい点もGood。

TOEICっていう数値化できる指標もあるので

成長を実感できるのも初心者の方にはもってこいです。

難点があるとすれば、

内容の面白みは欠けるかなというところですね。

オススメ教材②TED Talks

TEDというのは、無料で聞けるプレゼンテーションの動画です。

こちらは、

TOEIC700点くらいなんだけど、

もうひと伸びがしんどい…というレベル感の人にオススメです。

TED Talksをオススメする理由
  • 無料で聞ける
  • スマホでも聞ける
  • スクリプトあり
  • テーマが多岐にわたり興味ある分野から選べる
  • 生きた英語が学べる(砕けすぎた表現は少ない)
  • 一流のプレゼンも一緒に学べる
  • 何よりも面白い!

個人的には一押しの教材です。

見たことがない!という方は

こちらから是非一度見てみてください。

出典:TED Talks

パッと見ただけでも

・「トロイア戦争のなぞなぞを解けますか?」

・「モンスターとの決闘問題を解けますか?」

などコミカルなタイトルのものもあれば…

・「気候変動を引き起こしている都市が気候変動を抑制する方法」

・「批判的思考の向上に役立つ方法」

などビジネスなどでも役立ちそうな話題も豊富です。

じーこ
じーこ

僕がTEDを見始めたころは

「英語が分かればこんなに色々な話に触れられるのか」

と感動しました。

実際に世の中の情報の大部分は英語なので、

できるようになれば世界が広がりますよ!

気になるものを聞くことで「継続」にも繋がりやすくなります。

一方の難点は

自分のレベル感が分からないうちは題材を選ぶのに苦労する

話すスピードの差や専門用語が多いなど題材によってはムラがある

といったものが挙げられます。

最初はTOEICでリスニングの基礎とシャドーイングに慣れて、

TEDの中で自分が聞き取れるようなスピード感のものを選ぶといいと思います。

いずれを選ぶにしてもスクリプトはマストになります。

また、1回の課題の長さは30秒〜1分程度にしましょう。

長い題材の場合は、分けてやるといいですね。

具体的な方法は後程触れますが、

シャドーイングは「聞いて分からなかったところ」を

視覚化することでグッと効果は高まります。

どの単語が分からないのか

どの音が聞き取れないのか

こうした点をスクリプトに書き込めるものを選びましょう。

失敗しないシャドーイング Step② スクリプトなしで3回聞く

題材が決まれば、次は「スクリプトを見ずに3回」聞いてみましょう。

ここでは、徹頭徹尾【意味に集中】です。

何が聞き取れて何が聞き取れないのか、

意味に集中した時にどの程度理解できるのかに集中しましょう。

本質的な部分ではないので

理解できないからと言って10回も20回も聞いてはだめですよ。

MAXでも3回です。

3回聞いてもさっぱりわからん!というものは

題材としてレベルが高すぎる恐れがあります。

とはいえ、全部を理解する必要はありません。

「あ〜、なんとな〜く分かる」くらいなら問題なしです!

失敗しないシャドーイング Step③ スクリプトを見て大まかな内容を理解

スクリプトを見ずに3回聞いて「なんとなくの意味」を掴んだら

次は「スクリプトを見て、大まかな内容を理解」しましょう。

目的は、

シャドーイングのトレーニングの際に音に完全集中するためです。

完訳する必要はありません。

ただし、分からない単語やイディオム、文法は解消しておきましょう。

分からないままにしておくと、

この後のステップに進んでも効果がないです。

意味をしっかり理解しておくことで、

トレーニングの際に音に集中できるようになり、

いずれ音と意味がリンクしてくるようになります。

意味もわからず聞こえてきた音をなんとなく発するのは

シャドーイングではなくただのリピートです。

失敗しないシャドーイング Step④ スクリプトを見ながら音の変化をチェック

ここまで来たら、次は「音の変化チェック」です。

目的は「覚えている音の更新」です。

自分が覚えている音を正しい音に矯正する作業です。

主に以下の3つを意識してみて下さい。

  1. 音の連結
  2. 音の消失
  3. 音の変化
音の連結

「リンキング」とも言われます。

音と音が繋がって流れていくポイントに注目です。

I love you. というシンプルな文章でも

「アイ・ラヴ・ユー」ではなく「アイ・ラヴュー」になります。

音の消失

英語には発音されない音が度々出てきます。

文字としてはあるけど「発音されていない音」に注目です。

例えば、「 hの発音 」は躓く人が多いポイント。

I like him. 

とてもシンプルな文章ですが、

ネイティブは、himのhをほぼ発音しません。

I lik im アイ ライキィム(ンに近いム)

となります。

音の変化

そもそも音が変化する単語があります。

自分の思っている音と違うな?と思ったら要チェックです。

「water」とかが代表的なものです。

ウォーーではなく「ウァーラー」のような音になります。

ルールとして知っておくといいのは

母音(a,i,u,e,o)に挟まれた「t」は

「d」とか「r」の音に変わることが多いです。

このように

「音が知ってるのと違うな」と思う箇所をスクリプトにマークしていきましょう!

ここまでやれば

恐らく、聞き取れなかった部分は

  • そもそも知らない、発音できない単語が含まれる箇所
  • 音の連結、消失、変化している箇所

と一致するのではないでしょうか?

失敗しないシャドーイング Step⑤ 正しい音に覚えるために反復練習

これだけやってやっとシャドーイングの実践です。

目的は、「チェックした音の再現」です。

漠然と「リスニングができない」と思っていた方も

克服すべき弱点が分かったはず

ならば弱点を意識して重点的に繰り返すのみです。

自分が分からない音を再現して正しい音に矯正していくトレーニングなのに、

多くの人が失敗・挫折する原因は、

「弱点を見つけないまま、聞こえてきた音を繰り返しているから」なんですよね。

自分が苦手なところを認識した上で、

音源と同じように発音できるように繰り返す。

同じように発音できるまで繰り返す。

そのうち、

自分の中で正しい音が定着して聞き取れるようになってきます。

1人でもできる!シャドーイングの実践方法

僕がひとりでやっていたのは

イヤホンマイク(AirPodsなど)をつけながら何度も何度も練習し、

最後に自分の声を録音する方法です。

イヤホンマイクをつけることで、オリジナル音源が入らずに自分の音だけとれます。

音を録音した後が大事!

自分の音声とオリジナル音声を聞き比べて、

チェックした音の変化がオリジナル通りに発音できているか確認しましょう。

意識してるのに出来てないところがあるはずです。

1つ1つチェックした音通りに発音できるようになる頃には

あなたのリスニング力は飛躍的に伸びている頃です。

大事なのは一日やって次の課題ではなく

「できてないところがあるなら繰り返す」です。

大体、30秒〜1分くらいの長さであれば、

自分の中でできた!と思うようになるまで3日(3回分)は必要になります。

シャドーイングの効果をより高める学習頻度は?

シャドーイングの効果を高めて継続させるためには、

どれくらいの頻度でやるべき?という疑問にお答えします。

頻度で言えば毎日やるべきです。

時間は、30分から1時間以内で大丈夫です。

シャドーイングはやっていることはシンプルですが、

実際お伝えした手順で集中してやるとかなり疲れます。

疲れて何も考えられない状態で口だけ動かしても効果はないので、

短期集中を毎日繰り返すイメージです。

手順の中でかけるべき時間の目安です。

仮に30分のシャドーイングだとすれば

Step②スクリプトを見ずに聴く【MAX3分】

Step③スクリプトを見て内容を大まかに理解【MAX5分】

Step④スクリプトを見て音の変化チェック【3回まで】

残った時間で「音の再現」に向けてひたすら特訓です。

シャドーイング学習の難点と克服法

シャドーイングですが、独特な学習法ゆえに難点もあります。

シャドーイングの難点①「場所を選ぶ勉強法」

発音することが大切なので場所を選びます。

発音せずにやるシャドーイング方法もあるのですが

個人的には発音することを絶対的にオススメします。

発音してみないと「自分が発音できない音」が分からないんですよね。

僕は自分の部屋でやることもあれば、

朝早く職場に行って誰もいない部屋でやったりもしました。

シャドーイングの難点②「挫折しやすい勉強法」

ステップを1つ1つ確認しましたが

何かが抜けていると効果を実感しにくかったりそもそも続かない人が多い学習法です。

1カ月とかではどうも効果を実感しにくいんですよね。

成果が見えにくいものはどうしても挫折しやすくなります。

ただ、このブログでご紹介したステップを踏んで粘り強く

1カ月、3カ月、半年と続けていくと

題材のレベルが上がっていくはずです。

英語が聞き取れるようになれば世界は変わります。

頑張りましょう!

「正しい準備」のシャドーイングでリスニング力UPへ!

多くの人が学習に取り入れ、挫折する「シャドーイング」について解説しました。

シャドーイングは「準備」さえ怠らなければ効果が高い学習法です。

Step① 題材選び

学習初心者の方はTOEIC教材から始めましょう。

難しすぎるものを選んで挫折する人が多いためです。

慣れてきたらTEDなどを使って興味ある分野を選ぶのもありです。

レベル感は最初に聞いて「なんとな〜く分かる!」くらいなら問題ありません。

Step② スクリプトを見ずに3回聴く

ここでは【意味】だけに集中しましょう。

何が聴き取れていないかを次のステップで確認するために必要な作業です。

Step③ スクリプトを見て大まかな内容を理解

ここでも【意味】に集中です。

分からない単語などは調べて内容を理解しましょう。

意味を理解した上でシャドーイングに臨むことが重要です。

完全に訳さなくてもいいですよ!

Step④ スクリプトを見ながら音の変化をチェック

ここからは【音】に集中です。

3回聞いて「自分が思っている音」と違う部分をチェックしていきましょう。

  • 音の連結
  • 音の消失
  • 音の変化

上記3点を意識して、スクリプトにマークしていきます。

「できないところ」を見える化することはめちゃくちゃ大事です。

Step⑤ チェックした音を再現するためにシャドーイング

ここからやっとシャドーイングの実践です。

チェックした音と同じように発音できるよう練習しましょう!

1日の学習時間は30分から1時間程度。

学習の最後には自分の音声を録音して客観的に聞いてみましょう。

オリジナル音声と聴き比べて「できていないところ」を確認することが大事です。

世の中の情報のほとんどは「英語」です。

これからも武器になりますのでやってみよう!と思う方はぜひチャレンジを!

皆さんの日々が豊かになりますように!

では、また次回。

 

当ブログはブログランキングに参加しています!大変励みになりますので応援をよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

当ブログではデータの収集・分析等からオススメのファンドなどを紹介していますが、特定のファンドへの投資を推奨するものではありません。投資にはリスクがつきものです。ご自身のライフプラン、リスクの許容度などを踏まえて、あくまで自己責任でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA